タロット占いカード小アルカナとは?ペンタクルの意味や基本的な解釈について!

タロットカード全78枚は大アルカナ22枚と小アルカナ56枚によって構成されています。

大アルカナについては、こちらの記事をご覧ください!

今回は小アルカナのペンタクルについて書いていきたいと思います。

小アルカナには、スートと呼ばれる4つのマークがあります。

ワンド、カップ、ソード、ペンタクルの4つのスートからなる56枚のカードがあり、それぞれ1から10までのナンバーカードと、ペイジ、ナイト、クイーン、キングの4枚のコートカードからできています。

その中の、ペンタクルのナンバーカード1~10とコートカード4枚の意味や基本的な解釈についてお話していきます。

早速、タロットカード小アルカナのペンタクルの世界をのぞいてみてください!

 

小アルカナ【ペンタクル】とは・・・

「ペンタクル」は、四大元素である火・水・空気(風)・土(地)の「土(地)」を象徴しています。

「ペンタクル」とは、五芒星形のことであり、物の価値の象徴です。

経済面に関することを表すことが多いため、金銭の象徴としても扱われます。

タロットカードの小アルカナ「ペンタクル」は、精神的なものというよりも、物質的に恵まれているかどうかという事を表すことが多いカードです。

それでは、ペンタクルのナンバーカード1~10と、ペイジ、ナイト、クイーン、キングの4枚のコートカードについて順番にお話ししていきたいと思います。

 

ペンタクルの1(エース)

正位置 キーワード:チャンスをつかむ・新しいビジネス・繁栄・幸運
逆位置 キーワード:損失・手に入らない・無駄遣い・お金の不足

ペンタクルの1の意味

ペンタクルの1(エース)のカードを見てみると、雲から伸びた手の上にペンタクルが乗っている様子が描かれています。

その手のひらからは。力強さを感じます。

地上には美しく花が咲き、花でできた門の向こうには険しい山が見えます。

ペンタクルの1は、新たな始まりやチャンスをつかむなどポジティブな事柄を暗示しています。

目標を持って何かをスタートするには良い時期であることを感じるカードです。

逆位置では、物事がうまく進まなかったり、実力不足、努力不足であることなどを暗示しています。

「ペンタクルの1(エース)」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルの2

正位置 キーワード:柔軟性・バランス・交流・自転車操業
逆位置 キーワード:バランスが取れない・不安定・適当・計画性がない

ペンタクルの2の意味

ペンタクルの2のカードを見てみると、大道芸人らしき人物が2つのペンタクルを使ってジャグリングをしています。

この人物の後ろには波がうねった海と船が描かれています。

2つの事をバランス良く同時に行っている様子を示しており、臨機応変に乗り切っていることを暗示しています。

逆位置では、バランスが取れなくなってきていることを示しています。状況をよく把握することが必要かもしれません。

「ペンタクルの2」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルの3

正位置 キーワード:コツコツ続ける・契約・長期計画・学習
逆位置 キーワード:勉強不足・計画通りに進まない・手抜き・未熟

ペンタクルの3の意味

ペンタクルの3のカードを見てみると、教会で3人の人物がやり取りをしている様子が描かれています。

教会は未完成の状態で、話し合いながら作業を進めているようです。

このカードは、計画的にコツコツと物事を進めることや、協力して進めていくことで円滑に進んでいくことなどを暗示しています。契約を意味する場合もあります。

逆位置では、計画的に物事が進まなかったり、未熟であったり、初心を忘れてしまっている事などを暗示しています。

「ペンタクルの3」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルの4

正位置 キーワード:所有・執着・経済的安定・お金持ち
逆位置 キーワード:欲張り・浪費・経済的不安・こだわりすぎ

ペンタクルの4の意味

ペンタクルの4のカードを見てみると、手に一つのペンタクルをしっかりと抱え、正面をじっと睨んだ一人の男性が椅子に座っています。

男性の頭にも1つのペンタクル、そして足元には2つのペンタクルが描かれています。

物質的安定を示していますが、所有物への執着も表しています。

経済的に安定した状態であることを示していることも多いようです。

逆位置では、こだわりすぎる、執着しすぎるなど度が行き過ぎて身動きが取れなくなっていることを示していることもあります。

私利私欲に走りすぎたり、浪費してしまったりという事にも注意が必要かもしれません。

「ペンタクルの4」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルの5

正位置 キーワード:貧困・助けを求めない・苦難・失業
逆位置 キーワード:解放される・前向きな変化・気が付く・改善する

ペンタクルの5の意味

ペンタクルの5のカードを見てみると、雪が降る中をボロボロの服を着た二人の人物が寂しそうに歩いています。

明るいステンドグラスから教会の前を通り過ぎている事が分かりますが、二人は教会に入る様子もなく助けを求める様子もないように感じます。

経済的に困窮していたり、寂しい気持ちで希望がないように思っているようですが、助けを求めれば手を差し伸べてくれる人がいることを暗示しています。

逆位置では、状況が改善していくこと、前向きな変化があることを示しています。

「ペンタクルの5」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルの6

正位置 キーワード:公平・契約成立・チャリティ・雇用関係
逆位置 キーワード:不当労働・偽善・不平等・借金

ペンタクルの6の意味

ペンタクルの6のカードを見てみると、天秤を持った一人の男性が、二人の男性にお金を与えています。

天秤のバランスはとれており、対等であることを示しているようです。

このカードは、相互関係におけるバランスや、対等の関係が成り立つことなどを表しています。

逆位置では、相互関係が崩れている事、詐欺や強要を暗示していることもあります。

「ペンタクルの6」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルの7

正位置 キーワード:実力に不満がある・成長を待つ・熟考・進展が遅い
逆位置 キーワード:成果が出る・アイデアが浮かぶ・悪いところに気づく・再挑戦

ペンタクルの7の意味

ペンタクルの7のカードを見てみると、一人の男性が実った7つのペンタクルを浮かない表情で見つめています。

現在の実力に満足していなかったり、成果に不満があるのかもしれません。どうしていいかわからない様子が感じられます。

一度立ち止まって前にすすむ、状況を見直す時を迎えていることを暗示しているのかもしれません。

逆位置では、解決の糸口が見つかり、成果が出てくることを示していることが多いようです。

「ペンタクルの7」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルの8

 

正位置 キーワード:職人・継続する・こだわり・向上心
逆位置 キーワード:怠惰・無気力・手抜き・努力の欠如

ペンタクルの8の意味

ペンタクルの8のカードを見てみると、すでに完成した7つのペンタクルと、8つ目のペンタクルを作っている一人の職人が描かれています。

コツコツとやり続けることの大切さや、積み重ねてきたことが結果につながることなどを暗示しています。

逆位置では、努力や集中力が欠如してしまったり、手を抜いてしまったりなど、無気力になってしまっている可能性があります。

「ペンタクルの8」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルの9

正位置 キーワード:繁栄・魅力や実力での成功・玉の輿・夢の実現
逆位置 キーワード:浪費・消耗する・表面的・愚かな投資

ペンタクルの9の意味

ペンタクルの9のカードを見てみると、優雅な雰囲気の一人の女性が立っています。

女性の手には鳥がとまっており、背後のブドウ園にはしっかりと実ったぶどうと、9つのペンタクルが描かれています。

このカードは、豊かさを示しており、魅力や才能、実力で成功することを表しています。

逆位置では、浪費してしまったり、楽して成功しようとすることで悪い評判を得てしまう可能性をも暗示しています。

「ペンタクルの9」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルの10

正位置 キーワード:物質的豊かさ・相続・組織・繁栄
逆位置 キーワード:見せかけ・浪費・家族の確執・破産

ペンタクルの10の意味

ペンタクルの10のカードを見てみると、一組の夫婦と子供、老人、そして2匹の犬が描かれています。

大変裕福に感じられ、経済的に安定している様子です。

このカードは、物質的な豊かさや繁栄を示しています。相続や継承を意味していることもあります。

逆位置では、組織が崩れてしまう、家族がバラバラになってしまうなど、お金や物質に関するトラブルを暗示している可能性があります。

「ペンタクルの10」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルのペイジ

正位置 キーワード:勤勉・努力家・信頼できる・真面目
逆位置 キーワード:怠惰・幼稚・浪費・無責任

ペンタクルのペイジの意味

ペンタクルのペイジのカードを見てみると、一人の少年が両手にペンタクルを乗せてじっと見つめています。

背景は草原や花など自然が広がっている様子が描かれています。

このカードは、コツコツと努力を続けていることや、一つのことにじっくり向き合う勤勉さ真面目な様子を示しています。

逆位置では、浪費や怠惰なイメージが強く出るようです。

「ペンタクルのペイジ」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルのナイト

正位置 キーワード:真面目・堅実・勤勉・忍耐強い
逆位置 キーワード:無気力・頑固・無関心・無責任

ペンタクルのナイトの意味

ペンタクルのナイトのカードを見てみると、ひとりの騎士が黒くて大きな馬に乗り、手にはペンタクルを持って前を見つめています。

騎士が乗っている馬は止まっており、行く先をじっと見つめながら準備している様子が感じられます。

慎重で忍耐力があり、堅実に物事を進めていくことを示しています。

真面目で勤勉、信頼できる若い男性を表していることもあります。

逆位置では、努力が不足していたり、無責任な行動をとっていることを示しています。

無責任で不安定、信頼できない若い男性を表していることもあります。

「ペンタクルのナイト」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルのクイーン

正位置 キーワード:良妻賢母・成熟した女性・多彩・包容力
逆位置 キーワード:偏屈・自立できない・心が狭い・嫉妬

ペンタクルのクイーンの意味

ペンタクルのクイーンのカードを見てみると、ペンタクルを両手で支えて玉座に座っている一人の女王が描かれています。

女王の背後は、緑や花など美しい自然に囲まれた様子が描かれています。

包容力があり、優しく管理能力にも優れたしっかり者の女性を示しています。

良妻賢母のイメージに近いかもしれません。

逆位置では、心の狭い女性、傲慢、嫉妬深いなどマイナスのイメージが強く出ます。

「ペンタクルのクイーン」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ペンタクルのキング

正位置 キーワード:成功者・実力者・資産家・経営者
逆位置 キーワード:元社長・失敗した実業家・倒産・不安定

ペンタクルのキングの意味

ペンタクルのキングのカードを見てみると、豪華な衣装を身にまとい、手にはペンタクルを持って玉座に座っている王が描かれています。

経済的に安定している、社会的に成功している人物を表しています。

経営者や権力者、資産家などを示していることもあります。

逆位置では、目標に到達できないことや、社会的な地位を失うことなどを示しています。

人物を示す場合も、頭は良いけれども不誠実であったり、偽善的だったりとマイナスのイメージが強く出ます。

「ペンタクルのキング」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

~小アルカナ【ペンタクル】についてのまとめ~

今回は、ペンタクルのナンバーカード1~10と、ペイジ、ナイト、クイーン、キングの4枚のコートカードについて書かせていただきました。

タロット占いでの一枚一枚の鑑定結果の意味などについては、別記事を参考にしていただければと思います。

キーワードなどからもイメージをとらえつつ、結果で示された他のカードとの関係性も感じながらじっくりと読み取ってみてください。

タロットカードに関心を持つきっかけになれば幸いです!

それでは引き続き、タロット占い・タロットカードの世界を楽しんでください!!