タロット占いカード大アルカナとは?意味や基本的な解釈について!

タロット占いは、大アルカナ22枚、小アルカナ56枚の全部で78枚あるタロットカードを使って占っていきます。

恋愛について悩んだ時に、未来を占ってほしくてタロット占いを経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

今後もタロット占いをする時にも、カードの意味について少しでも知識があると占いをもっと楽しめるかもしれません。

今回は、まず大アルカナ22枚のカードについて詳しく書いていきたいと思いますので、カードに込められた意味を知ることを楽しんでいただければと思います。

今後のタロット占いにお役立てください!

 

0:愚者(ぐしゃ)The Fool

正位置 キーワード:自由・無邪気・楽天的・可能性
逆位置 キーワード:無責任・無計画・愚か・気まぐれ

愚者のカードの意味

愚者のカードを見てみると、上には太陽、足元は崖っぷち。

そんな中に自由な雰囲気の少年が、目の前の危機感も感じていないかのように上を向いて進もうとしています。

怖いもの知らずで、純粋に自分自身に無限の可能性を感じているともとらえられます。

現実が見えていないところもありますが、常識にとらわれず冒険心をもって進もうとしているとも言えます。

占いの中では、正位置で出た場合、逆位置で出た場合でも解釈が変わってきますので詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

1:魔術師(まじゅつし)The Magician

正位置 キーワード:創造、スタート、チャンス、自信
逆位置 キーワード:始まりにくい、自信喪失、知識不足、消極的

魔術師のカードの意味

魔術師のカードを見てみると、正面を向いた男性が意欲に満ちあふれた様子で何かを始めようとしています。

頭の上の∞は、無限の可能性を意味しているようです。

何かを始めようとしている自信満々に見える魔術師ですが、まだスタートしたばかり。

この先はまだ見えていないところもあります。

正位置で出た場合はそのポジティブな意味合いが強くなりますが、逆位置で出た場合はネガティブな意味合いが強く出るようです。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

2:女教皇(じょきょうこう)The High Priestess

正位置 キーワード:理性的・知性・神秘的・直観力
逆位置 キーワード:神経質・批判・悲観・不安定

女教皇のカードの意味

女教皇のカードを見てみると、白と黒の柱の真ん中に女性が座っています。

知的な雰囲気の女性であり、ベールをまとって、手には本を持っています。

背後にはザクロの絵があり、足元には三日月が描かれています。

白と黒は陽と陰の二面性を表し、知的・理性的な女性ですがベールで覆われた隠された感情もあるようです。

性的な魅力を持ってはいますが、女性としては未成熟である様子も読み取れます。

占いでは、正位置では冷静で知的、逆位置では不安定で感情的な意味が強く出るようです。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

3:女帝(じょてい)The Empress

正位置 キーワード:繁栄・愛情・妊娠・包容力
逆位置 キーワード:嫉妬・わがまま・怠惰・感情的

女帝のカードの意味

女帝のカードを見てみると、ザクロの柄のドレスを着た女性が豪華な椅子にゆったりと座っています。

足元には、麦の穂が描かれており、繁栄や豊かさを表しているようです。

女性の服装からは、妊娠している様子も感じられます。

この様子から、正位置では成功や豊かさ、望んでいた妊娠の可能性など意味します。

逆位置の場合は傲慢、感情的になる等のマイナス意味が強く出るようです。望まない妊娠の可能性を表すこともあります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

4:皇帝(こうてい)The Emperor

正位置 キーワード:権力・威厳・責任感・リーダー
逆位置 キーワード:傲慢・身勝手・自信過剰・無責任

皇帝のカードの意味

皇帝のカードを見てみると、王冠をかぶり鎧を身に着け、赤いロープをまとった男性が石椅子に座っている様子が描かれています。

先頭に立って戦う準備がいつでもできている、威厳を持ったリーダー的存在である様子を感じます。

椅子についている牡羊はリーダーの象徴であるところからも、このカードが正位置の場合には仕事における成功や、権威ある人物などを意味することが多いようです。

逆位置では、マイナスの面が強調されて傲慢になっていたり、自信過剰になりすぎていることを表すこともあります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

5:法王(ほうおう)The Hierophant

正位置 キーワード:常識的・教育者・尊敬・法の遵守
逆位置 キーワード:不信感・非道徳的・非常識・虚栄

法王のカードの意味

法王のカードを見てみると、三段の王冠をかぶり、手には三重の十字架を持っている様子が描かれています。

これらは、キリスト教の三位一体(父と子と精霊)を意味しているようです。

2人の聖職者に教えを説いている、指導者としての様子も描かれています。

このカードが正位置の場合には、ルールやしきたりを守ることを示していたり、教育者や指導者に恵まれたりすることを表すことが多いようです。

逆位置の場合には、ルールやしきたりを破ることを示していたり、利己的な人に出会うという意味もあります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

6:恋人(こいびと)The Lovers

正位置 キーワード:恋愛・情熱・コミュニケーション・絆
逆位置 キーワード:別れ・誘惑・優柔不断・コミュニケーション不足

恋人のカードの意味

恋人のカードを見てみると、真ん中に大天使ラファエル、そしてアダムとイブが描かれています。

そして、イブの後ろには誘惑を象徴する蛇がいます。

旧約聖書のエデンの園の様子ですが、アダムはイブを見つめ、イブは蛇を見つめている視線も気になります。

愛し合っている二人ですが、まだフレッシュな恋人同士であり、将来はまだわからない関係であるともいえます。

正位置の場合には、楽しみや喜びなどの良い部分が強調されますが、逆位置の場合には、不誠実な異性関係や破局などマイナスの意味が強調されます。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

7:戦車(せんしゃ)The Chariot

正位置 キーワード:勝利・行動力・克服・スピード感
逆位置 キーワード:失敗・暴走・敗北・うまく進めない

戦車のカードの意味

戦車のカードを見てみると、若い王子が黒と白のスフィンクスがひいている戦車に乗っている様子が描かれています。

王子からは、強い意志を持って前進してく凛々しさも感じられます。

黒と白のスフィンクスは、この世の二面性やバランスなどの意味もあるようです。

正位置では、困難にも立ち向かってやり遂げる、勝利する意味が強くなりますが、逆位置では、立ち向かってもうまく進めず敗北すると意味になります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

8:力(ちから)Strength

正位置 キーワード:情熱・忍耐・強い意志・慈愛
逆位置 キーワード:無力・感情的・諦め・ストレス

力のカードの意味

力のカードを見てみると、穏やかな表情の女性が猛獣のライオンを手なずけている様子が描かれています。

ライオンは制御することが難しい人の本能を、女性は理性を表しています。

女性は力でライオンを制しているのではなく、精神力で忍耐強く自信をもって手なずけています。

自分自身の精神力で物事を乗り越える自信と力が感じられます。

正位置では、強い意志で物事を達成していく意味が強くなりますが、逆位置では、無気力で自分のしっかりとした意思がなく目的を達成できないという意味が強くなります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

9:隠者(いんじゃ)The Hermit

正位置 キーワード:内観・思慮深い・孤独・慎重
逆位置 キーワード:消極的・悲観的・閉鎖的・逃避

隠者のカードの意味

隠者のカードを見てみると、ランタンを持った老人が暗闇を照らしている様子が描かれています。

隠者は、世俗との交流を断って隠れ住んでいる仙人のような存在です。

内観を続けながら悟りを得て、他の人にも理想の世界を示そうとしている様子が、ランタンを高く掲げている状況から感じられます。

正位置では、冷静に思慮深く物事を見極めていける意味が強くなりますが、逆位置では、過去の反省を怠る、悲観的になるなどの意味が強く出るようです。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

10:運命の輪(うんめいのわ)Wheel of Fortune

正位置 キーワード:チャンス・運命・転換点・出会い
逆位置 キーワード:悪循環・タイミングが悪い・すれ違い・遅れる

運命の輪のカードの意味

運命の輪のカードを見てみると、中央に大きな輪が描かれており天空でゆっくりと回転しています。

輪の周囲には四大元素を司る天使たち、輪の回転を操るかのように座っているスフィンクスが描かれています。

運命の良し悪しや、人生の浮き沈みを表しているのがこの運命のカードです。

正位置では、幸運な流れやチャンスが訪れていることを意味しますが、逆位置では、運気の悪化やタイミングの悪い時期であることを意味することが多いようです。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

11:正義(せいぎ)Justice

正位置 キーワード:公平・公認・バランス・善行
逆位置 キーワード:不公平・悪行・両立できない・偏見

正義のカードの意味

正義のカードを見てみると、正義を象徴する女神アストライアーが正面を向いて座っている様子が描かれています。

右手には剣、左手には天秤を持ち、天秤で罪の重さをはかり、剣で裁きを下すという厳格な雰囲気が感じられます。

その裁きは、公平・平等に社会の常識的判断によって下されます。

正位置では、公認される、バランスが取れるという意味が強くなりますが、逆位置では、不公平、正しく評価されないという意味が強くなります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

12:吊るされた男(つるされたおとこ)The Hanged Man

正位置 キーワード:忍耐・自己犠牲・静止・試練
逆位置 キーワード:忍耐力の欠如・報われない努力・自暴自棄・徒労

吊るされた男のカードの意味

吊るされた男のカードを見てみると、手足を縛られて気に吊るされた男性が描かれています。

男性の表情は穏やかで頭部には光が指しており、悟りを得たかのようにも見えます。

誰かのために忍耐することや自己を犠牲にすることを苦痛と感じるよりも、誇りとすることを表してもいるようです。

正位置では、人のために尽くしたり、誰かのために生きることが良い意味で強くなりますが、逆位置では、無理にやらされている、忍耐できないという意味が強くなるようです。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

13:死神(しにがみ)Death

正位置 キーワード:終了・破局・限界・清算
逆位置 キーワード:再生・起死回生・再スタート・新展開

死神のカードの意味

死神のカードを見てみると、白馬に乗った死神が屍の上を進んでいく様子が描かれています。

一般の人も身分の高い人も関係なく、命乞いをしても聞き入れることなく終焉の訪れを告げているようです。

絵の光景から、恐ろしいようなイメージを持ってしまいそうですが、物事の終了を暗示したり、再スタートの時を迎えていることを意味することが多いようです。

死神が示しているのは破壊と再生であり、大きな変化があるときに出ることが多いカードです。

正位置では、強制的に物事が終了する、過去を清算するという意味が強く、逆位置では、新しいスタートを切る、新しい展開が始まるという意味が強くなるようです。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

14:節制(せっせい)Temperance

正位置 キーワード:調和・バランス・節度・自制
逆位置 キーワード:浪費・生活の乱れ・行き過ぎ・停滞

節制のカードの意味

節制のカードを見てみると、大天使ミカエルが両手に聖杯を持ち、水を循環させている様子が描かれています。

足元は、片足を水につけ、もう片足を陸に置きバランスをとっています。

対なるもののバランスや調和が感じられます。

正位置では、物事の調和やバランスがとれた状態であることを示し、逆位置では、停滞や生活や現実の乱れの意味が強くなるようです。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

15:悪魔(あくま)The Devil

正位置 キーワード:欲望・執着・堕落・嫉妬心
逆位置 キーワード:執着からの解放・新たな出会い・リセット・回復

悪魔のカードの意味

悪魔のカードを見てみると、中央に悪魔バフォメット、その前に鎖でつながれた裸の男女が描かれています。

首にかかっている鎖はゆるく、抜け出せるけれども抜け出したくなくなるような誘惑が潜んでいる様子が感じられます。

欲望や誘惑にとらわれて、悪魔の世界から抜け出せずに堕落しているという状況のようです。

正位置では、誘惑に負けたり、甘い話に流されてしまったり、何かに依存して抜けられない意味が強く出ますが、逆位置ではポジティブな意味となり、束縛からの解放、状況の好転、悪い習慣や悪縁を断ち切るという意味が強くなるようです。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

16:塔(とう)The Tower

正位置 キーワード:崩壊・災難・ショック・転落
逆位置 キーワード:予想されたトラブル・受難・不安・緊迫状態

塔のカードの意味

塔のカードを見てみると、バベルの塔が神の怒りに触れて打ち砕かれ崩れていく様子が描かれています。

もっともネガティブな意味が強いといわれているのがこの塔のカードです。

大きなトラブルやショックを受ける物事を示していることが多く、強い警告を意味していると受け止めたほうが良いかもしれません。

正位置では、予期せぬ災難の意味合いが強く、逆位置では、小さな破壊や不安な状態がじわじわと続いたり、予想できるトラブルという意味になります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

17:星(ほし)The Star

正位置 キーワード:希望・憧れ・願いが叶う・目標
逆位置 キーワード:高望み・失望・無気力・幻滅

星のカードの意味

星のカードを見てみると、裸の女神が両手に水瓶を持ち、片足を水に片足を陸に置いている様子が描かれています。

裸の女神は、隠し事のない純粋な心を表しています。

生命力の象徴である水を注ぎ、頭上には希望の星が輝いています。

正位置では、夢や憧れ、希望に満ちた心などの意味を持ち、逆位置では、高望みや理想の崩壊という意味が強くなります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

18:月(つき)The Moon

正位置 キーワード:不安・現実逃避・迷い・潜在する危険
逆位置 キーワード:不安がなくなる・真実が見える・徐々に好転・嘘がばれる

月のカードの意味

月のカードを見てみると、月が出ている夜の世界で犬と狼が不安げに月を眺めて吠えています。

潜在意識を意味する水の中からはザリガニが這い上がろうとしており、不安が表面化しつつあることが感じられます。

不安定で移ろいやすい雰囲気が感じられ、先が見えない気持ちが感じられます。

正位置では、不安や不安定な気持ちの意味が強くなり、逆位置では、不安が解消されたり、現実が見えてきたという意味になります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

19:太陽(たいよう)The Sun

正位置 キーワード:成功・祝福・陽気・喜び
逆位置 キーワード:不調・失敗・ドタキャン・空しい

太陽のカードの意味

太陽のカードを見てみると、大きな太陽のもと、馬に乗った無邪気な様子の子供が描かれています。

明るく楽しい雰囲気のカードであることからも、肯定的なエネルギーが感じられます。

正位置では、成功や祝福など物事がうまくいくなど喜ばしい意味となりますが、逆位置では、失敗や状況が悪化するなど真逆の意味となります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

20:審判(しんぱん)Judgement

正位置 キーワード:復活・再生・再会・敗者復活
逆位置 キーワード:停滞・衰退・再起不能・不調

審判のカードの意味

審判のカードを見てみると、大天使ガブリエルがラッパを吹き鳴らし、死者がよみがえり最後の審判が行われている様子が描かれています。

これまでの行いに対して判決が下され、その結果が示されることが意味されます。

正位置では、再生や復活を意味し、良い方向へ進んでいける機会が与えられるという意味になりますが、逆位置では、チャンスが来ない、また同じ失敗を繰り返すなどマイナスの意味となります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

21:世界(せかい)The World

正位置 キーワード:完成・成功・達成・パーフェクト
逆位置 キーワード:未完成・妥協・物足りない・やり遂げられない

世界のカードの意味

世界のカードを見てみると、月桂樹の輪の中に二本のワンドを持って優雅に踊っている人物、周囲には成長した姿の四大聖獣が描かれています。

大アルカナ最後のカードとなる「世界」は、完全なる世界、完成された世界を意味しています。

正位置では、十分な達成感や完成などの意味となり、逆位置では、未完成、中途半端な状態の意味が強くなります。

詳しくは別記事で後程書いていきたいと思います。

 

~大アルカナについてのまとめ~

今回は、22枚の大アルカナについて主なキーワードと意味について書かせていただきました。
1枚1枚のより詳しい解釈などについては、別記事で書いていきたいと思いますので参考にしていただければ幸いです。
書いた内容は、解釈の例にすぎませんので、占いの内容によって、あるいはその時にひいた他のカードとの関係性からも意味は少しずつ異なってきます。
タロットカードの奥深い世界を楽しんでいただければと思います。
恋愛について悩んだ時や、ちょっと相手の心を知りたい時、自分自身の本心に向き合いたい時などに、タロット占いが一つの力になれればと思います。