タロット占いカード小アルカナとは?ソードの意味や基本的な解釈について!

タロットカード全78枚は大アルカナ22枚と小アルカナ56枚によって構成されています。

大アルカナについては、こちらの記事をご覧ください!

今回は小アルカナのソードについて書いていきたいと思います。

小アルカナには、スートと呼ばれる4つのマークがあります。

ワンド、カップ、ソード、ペンタクルの4つのスートからなる56枚のカードがあり、それぞれ1から10までのナンバーカードと、ペイジ、ナイト、クイーン、キングの4枚のコートカードからできています。

その中の、ソードのナンバーカード1~10とコートカード4枚の意味や基本的な解釈についてお話していきます。

早速、タロットカード小アルカナのソードの世界をのぞいてみてください!

 

小アルカナ【ソード】とは・・・

「ソード」は、四大元素である火・水・空気(風)・土(地)の「空気(風)」を象徴しています。

「ソード」は、剣や刀など人間が加工して作った人工的な道具であり、人の進化を象徴しています。

タロットカードの小アルカナ「ソード」は、知性・知恵・論理性・試練・正義などを表すことが多いカードです。

それでは、ソードのナンバーカード1~10と、ペイジ、ナイト、クイーン、キングの4枚のコートカードについて順番にお話ししていきたいと思います。

 

ソードの1(エース)

正位置 キーワード:決断する・成功・切り開く・勝利
逆位置 キーワード:挫折・断ち切る・決断できない・別れ

ソードの1の意味

ソードの1(エース)のカードを見てみると、雲から出ている手が真っすぐに伸びた剣を力強く握りしめています。

剣の先端には、王冠とそこに掛けられた月桂樹が描かれています。

試練にも立ち向かい切り開いていく、そんな力強さを感じるカードです。

自分で道を切り開いていく、チャレンジしていく意欲を示しており、勝利することを暗示しています。

逆位置では、なかなか決断できなかったり、険しい道のりであることを暗示していることが多いようです。

「ソードの1(エース)」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ソードの2

正位置 キーワード:厳しい二者択一・行き詰まり・緊張感・難しい決断
逆位置 キーワード:答えを出す・不安・ストレス・一方を切り捨てる

ソードの2の意味

ソードの2のカードを見てみると、2本の剣を持って交差させ、目隠しをした人物が座っています。

空には月、後ろには海が描かれています。

厳しい選択をしなければいけない状況であったり、緊張した状態にあることを示しています。

逆位置では、一方を切り捨て決断を下したり、心が乱れている状況を暗示していることが多いようです。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードの3

正位置 キーワード:傷つく・失恋・別れ・悲しみ
逆位置 キーワード:相手を傷つける・自ら離れる・悲しみの克服・妥協

ソードの3の意味

ソードの3のカードを見てみると、ハートに3本の剣が突き刺さっています。

空には雲が浮かび雨が降っている様子が描かれています。

悲しい出来事や、心が傷つくようなショッキングな出来事を暗示しています。

逆位置では、悲しみから解放される事を暗示していることが多いようです。また、相手を傷つけるという意味もあります。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードの4

正位置 キーワード:思考停止・休養・充電・利己的
逆位置 キーワード:心を開く・少しずつ動き出す・孤立からの回復・目覚め

ソードの4の意味

ソードの4のカードを見てみると、教会でひとりの男性が目を閉じて静かに横たわっています。

男性の横の壁には3本の剣がかけてあり、男性の横には1本の剣が置かれている様子が描かれています。

疲れをいやす時期であり、休息をとる必要があることを意味しています。

逆位置では、徐々に回復し、心を開き動き出すことを暗示しています。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードの5

正位置 キーワード:敗北感・敵意・嫌悪感・殺伐とした関係
逆位置 キーワード:自己中心的・人が離れていく・後悔・闘争が長引く

ソードの5の意味

ソードの5のカードを見てみると、3本の剣を持った一人の男性が笑いを浮かべながら立っています。

男性からやや離れた後ろには、敗北した2人の男性の寂しそうな後姿が描かれています。

笑いを浮かべている男性の足元には、敗北した2人の男性の剣が2本落ちています。

殺伐とした雰囲気を感じるこのカードは、争いに勝利するかもしれませんが、正々堂々とした戦いではないことを暗示しています。

逆位置では、自己中心的になったり、人が離れて行ってしまうことを暗示していることも多いようです。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードの6

正位置 キーワード:困難からの脱出・出発・撤退する・前進
逆位置 キーワード:困難な場所に留まる・逃げられない・不安定・立ち往生

ソードの6の意味

ソードの6のカードを見てみると、二人の親子が船に座り、一人の男性が船をこいで去っていく様子が描かれています。

船には6本の剣が立っており、悲しげな雰囲気も感じるカードです。

困難から逃げ、苦しい状況から抜け出しつつあること、新しい世界に向かおうとしていることを示しています。

逆位置では、困難から逃げたいのに逃げられない、そこに留まることを暗示しています。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードの7

正位置 キーワード:欺く・詐欺・嘘・浅はかな言動
逆位置 キーワード:素直になる・反省を促す・矛盾の解消・告白

ソードの7の意味

ソードの7のカードを見てみると、ひとりの男性が5本の剣を持ち、2本の剣を残して、つま先立ちでこっそりその場を立ち去ろうとしている様子が描かれています。

盗難、詐欺、危険な行為などを表していることが多いようです。

言葉と行動が一致していなかったりという事もあり、少し注意が必要かもしれません。

逆位置では、素直になることや、偶然に物事がうまくいくことを暗示していることが多いようです。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードの8

正位置 キーワード:つらい立場・活動の停止・無力・犠牲
逆位置 キーワード:自由・解放・状況が見えてくる・救済

ソードの8の意味

ソードの8のカードを見てみると、ひとりの女性が目隠しをされ体を布で縛られて立っています。

女性の周囲には8本の剣が立っており、身動きができない状況のようです。

女性を縛っている布をよく見ると頑張ればほどけそうにも見えますが、精神的にその場を抜け出すことができずにいるようにも感じられます。

考えすぎてしまったり、プレッシャーを感じて動けなかったり、精神的な問題が大きいのかもしれません。

逆位置では、状況が少しずつ見えてきて自由になる、解放されることを暗示しています。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードの9

正位置 キーワード:被害妄想・悲しみ・不眠症・苦悩
逆位置 キーワード:不安の解消・幸せに気づく・回復・心配が晴れる

ソードの9の意味

ソードの9のカードを見てみると、ひとりの女性がベッドの上に座って顔を覆っています。

壁には9本の剣が横向きに掛けてあり、重い雰囲気の感じるカードです。

不安や悲しみなどを表していますが、被害妄想であったり思い込みであったりという可能性を暗示しています。

逆位置では、心配事が解消されて幸せに気が付くことを示しています。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードの10

正位置 キーワード:絶望・失敗・リセット・終わり
逆位置 キーワード:苦しみの終わり・敗者復活・再挑戦・救われる

ソードの10の意味

ソードの10のカードを見てみると、赤い布で覆われた一人の男性が横たわり、背中には10本の剣が刺さっています。

背後の景色は、夜が明けて明るくなろうとしている様子が描かれており、一つのことが終わり何かが始まろうとしていることも感じられます。

一つの物事が終わりを迎え、絶望的な出来事と感じることもあるかもしれませんが、それは新しい事の始まりを意味しているのかもしれません。

逆位置では、苦しみが終わって現状を克服し、次に向かうことを暗示していることが多いようです。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードのペイジ

正位置 キーワード:注意深い・用心深い・勤勉・駆け引き
逆位置 キーワード:嘘の情報・スパイ・無責任・悪いニュース

ソードのペイジの意味

ソードのペイジのカードを見てみると、一人の青年が剣を持ち、背後を警戒しながら立っています。

髪の毛が風に舞っている様子から強い風が吹いている様子が感じられ、頭上には鳥の群れが見えます。

用心深く、勤勉な人物や、器用でスピーディーであることを示すこともあります。

意図的ではありませんが、伝えられる情報が正確でないこともあるので注意が必要かもしれません。

逆位置では、詐欺やスパイを暗示していることもあります。悪意のある噂を広める可能性のある人物を示していることもあります。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードのナイト

正位置 キーワード:スピード・機敏・衝動的・野心的
逆位置 キーワード:無責任・慌ただしい・傲慢・卑怯

ソードのナイトの意味

ソードのナイトのカードを見てみると、白馬に乗った騎士が剣を持ち、勢いよく進んでいる様子が描かれています。

衝動的、攻撃的、行動力のある男性を示しています。

スピーディーに物事が展開したり、急な破局や始まりを暗示していることもあります。

逆位置では、慌ただしさや、無責任さが強く出てしまうことが多いようです。急ぎすぎてミスにつながったりという事もあるため注意が必要かもしれません。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードのクイーン

正位置 キーワード:思慮深い・厳格・知的・忍耐強い女性
逆位置 キーワード:強情・批判的・偏見・依存

ソードのクイーンの意味

ソードのクイーンのカードを見てみると、1本の剣を持った女王が玉座に座っています。

その横顔からは、厳格な様子が感じられます。

忍耐強く、論理的で知的な女性を表しています。

未亡人や離婚歴のある女性、シングルマザーを示す場合もあります。

逆位置では、批判的であったり強情なイメージが強くなります。

ヒステリックであったり、冷たい人物である可能性もあります。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

ソードのキング

正位置 キーワード:権威・厳格・知性・クール
逆位置 キーワード:冷酷・暴力的・独裁者・支配

ソードのキングの意味

ソードのキングのカードを見てみると、ひとりの男性が1本の剣を真っすぐに持ち正面を向いて座っています。

厳格な表情からは、自他ともに厳しい知的な男性であることが感じられます。

知的で教養があり、少し近寄りがたい雰囲気の男性を示しています。公正でまじめであるとも言えます。

逆位置では、他人に厳しく、支配的、独裁的手ある面が強く出るようです。

さらに詳しい解釈については、別記事で後程書いていきたいと思います。

 

~小アルカナ【ソード】についてのまとめ~

今回は、ソードのナンバーカード1~10と、ペイジ、ナイト、クイーン、キングの4枚のコートカードについて書かせていただきました。

一枚一枚のより詳しい内容については、後程別記事で書いていきたいと思います。

占った時の参考にしていただいたり、タロットーカードに関心を持つきっかけになれば幸いです。

内容はその都度更新していく予定です!

それでは引き続き、タロットカードの世界を楽しんでください!!