タロット占いカード小アルカナとは?ワンドの意味や基本的な解釈について!

タロットカード全78枚は大アルカナ22枚と小アルカナ56枚によって構成されています。

前回は、大アルカナについて書かせていただきましたが、今回は小アルカナのワンドについて書いていきたいと思います。

小アルカナには、スートと呼ばれる4つのマークがあります。

ワンド、カップ、ソード、ペンタクルの4つのスートからなる56枚のカードがあり、それぞれ1から10までのナンバーカードと、ペイジ、ナイト、クイーン、キングの4枚のコートカードからできています。

その中の、ワンドのナンバーカード1~10とコートカード4枚の意味や基本的な解釈についてが今回お話しする内容です。

では、今回もタロットカードの世界を楽しんでください!

 

小アルカナ【ワンド】とは・・・

「ワンド」は、四大元素である火・水・空気(風)・土(地)の「火」を象徴しています。

「ワンド」は、棒・枝・こん棒を表しており、人間が様々な用途に用いてきた原始的な力を意味しています。

タロットカードの小アルカナ「ワンド」は、気力・生命力・創造力・冒険心・情熱などに関する事柄を表すことが多いカードです。

それでは、ワンドのナンバーカード1~10と、ペイジ、ナイト、クイーン、キングの4枚のコートカードについて順番にお話ししていきたいと思います。

 

ワンドの1(エース)


正位置 キーワード:創造・やる気・生命力・出発点
逆位置 キーワード:始まりにくい・やる気が出ない・決意ができない・チャンスをつかめない

ワンドの1の意味

ワンドの1(エース)のカードを見てみると、気力や生命力の象徴とされるワンド(木の棒)を力強く握りしめている様子が描かれています。

熱意や意欲などが感じられるこのカードは、何かに積極的に取り込もうとしている姿や、物事を展開・発展させようとしていることを暗示しています。

逆位置では、時期尚早でうまく物事が進まなかったり、なかなか情熱をもって取り組むことができなかったりというごとを示しています。

「ワンドの1(エース)」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドの2


正位置 キーワード:財産・社会的成功・野心・海外進出
逆位置 キーワード:不安・孤立・消極的・自信喪失

ワンドの2の意味

ワンドの2のカードを見てみると、成功をおさめ、目標としているものを手に入れたと思われる男性が城の中央に立ち、街を見下ろしています。

前を向いて立っているその表情は、自信を持ち、さらに次の目標に向けて進んでいこうとしているようにも見えます。

目標を達成し、現在の自分自身状況に手ごたえを感じている様子などを示しています。

逆位置では、目標に近づけなかったり、他者から束縛されてうまくいかなかったり、自信を持てない様子などを示しています。

「ワンドの2」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドの3


正位置 キーワード:ビジネスの発展・良好な手応え・未来への展望・海外
逆位置 キーワード:停滞・遅延・失望・コミュニケーションの問題

ワンドの3の意味

ワンドの3のカードを見てみると、3本の真っすぐ固定された棒の間に立っている男性が、海に浮かんでいる船を眺めています。

さらに次のステージに進もうとしている様子にも感じられますし、何かに挑戦しようとしているようにも感じられます。

もう一息で、タイミングが合えば動き出せる、さらに次の段階に進もうとしている様子を表しているようです。

逆位置では、タイミングがなかなかつかめなかったり、予想通りにはうまくいかない停滞した状態などを示していることが多いようです。

「ワンドの3」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドの4


正位置 キーワード:喜び・祝福・休息・結婚
逆位置 キーワード:正位置と同じ

ワンドの4の意味

ワンドの4のカードを見てみると、4本の棒の上には花輪が飾られており、花束を持った二人が立っています。

喜びや安らぎを感じられるカードです。

精神的な喜びや、心の調和などを表し、心が休まるような喜ばしいことを暗示していることが多いようです。

このカードは、逆位置の解釈も正位置と同じとなります。

「ワンドの4」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドの5


正位置 キーワード:対立・葛藤・混乱・試練
逆位置 キーワード:妥協案の提示・回避・見て見ぬふり・争いが収まる

ワンドの5の意味

ワンドの5のカードを見てみると、5人の男性が棒をもって争っています。

主張がぶつかり合っている様子が感じられます。

闘争や対立などを表しており、試練を迎えている様子を示すことが多いようです。

逆位置では、意見がまとまらずに問題を先送りしてしまったり、戦いからは何も生まれず妥協するという意味もあります。

「ワンドの5」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドの6


正位置 キーワード:勝利・積極的・躍進・成功
逆位置 キーワード:敗北・妥協・劣勢・自信がなくて進めない

ワンドの6の意味

ワンドの6のカードを見てみると、男性が馬に乗り、手に持つ棒の先には花輪がついています。

勝利して馬に乗って前進している様子ですが、乗っている馬が張りぼてで本物の馬ではないとも言われています。

その事からも、成功の途中であり、一時的な勝利で油断してはいけないことも示しているようです。

逆位置では、目標に到達できずに敗北してしまったり、周囲に裏切られてしまう可能性も暗示しています。

「ワンドの6」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドの7


正位置 キーワード:孤独な闘い・有利な争い・余裕がない・対処
逆位置 キーワード:疲労感・力不足・戦意喪失・信念が揺らぐ

ワンドの7の意味

ワンドの7のカードを見てみると、崖下から6本の棒が突き出ており、一人の男性が1本の棒を持ちそれに立ち向かっている様子が描かれています。

男性が有利な立場にいるようですが、余裕はなく、孤独に戦っている様子が感じれれます。

油断できない状況ではありますが、簡単には進めない状況ではあっても頑張り時であることも暗示しています。

逆位置では、苦戦し、力不足で努力が空回りで終わってしまう可能性も示しています。

 

「ワンドの7」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドの8


正位置 キーワード:急展開・タイミング・スピード・情報
逆位置 キーワード:遅延・スロー・タイミングが悪い・停滞

ワンドの8の意味

ワンドの8のカードを見てみると、人物は存在しておらず、8本の棒が平行に並んで空中を突き進んでいる様子が描かれています。

強いスピード感や、迅速な展開を感じさせられるカードです。

予測していなかった急速な展開で物事が進んだり、良いタイミングがやってきていることを示しています。

逆位置では、停滞や遅延を表し、タイミング良く進まないことを暗示しています。

「ワンドの8」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドの9


正位置 キーワード:警戒・慎重・緊張状態・様子をうかがう
逆位置 キーワード:警戒が緩む・無防備・臆病・注意力不足

ワンドの9の意味

ワンドの9のカードを見てみると、頭にけがをおった一人の男性が1本の棒を持ち、周囲には棒を立てて守りを固めて警戒している様子が描かれています。

苦境に立たされている様子にも見えますが、闘志を持っており、緊張している様子も感じられます。

忍耐する時であり、ここからどのような展開になるかはまだわからない状況のようです。

逆位置では、警戒が緩み油断してしまっていることも示しています。

「ワンドの9」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドの10


正位置 キーワード:負担・重荷・プレッシャー・きついが最後までやり遂げる
逆位置 キーワード:途中で投げ出す・限界・逃避・挫折

ワンドの10の意味

ワンドの10のカードを見てみると、10本の棒を抱えた男性が疲れ切った様子で前に進もうとしている様子が描かれています。

一人ではやりきるには重荷であり、無理をしている様子が感じられます。

実力以上の仕事量にプレッシャーを感じながらも、最後までやり遂げようとしていることを示しています。

逆位置では、重圧に耐えきれず途中で投げ出してしまうことを暗示しています。

「ワンドの10」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドのペイジ


正位置 キーワード:誠実な人物・天真爛漫・信頼のおける人物・メッセンジャー
逆位置 キーワード:気まぐれ・優柔不断・無作法・返信がない

ワンドのペイジの意味

ワンドのペイジのカードを見てみると、1本の棒を携えた若い男性が砂漠に立ち空を見上げています。

純粋な目で希望をもって未来に向かって歩き出そうとしている様子が感じられます。

ワンドのペイジには、メッセンジャーという意味もあり、良い知らせが届くことも暗示しています。

逆位置では、周りが見えていない子供っぽい様子が悪い意味で強く出てしまうようです。情報が届かないという意味もあります。

「ワンドのペイジ」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドのナイト


正位置 キーワード:情熱的な若い男性・快活・勇敢・飛躍
逆位置 キーワード:衝動的・焦りすぎ・暴力的・争い事

ワンドのナイトの意味

ワンドのナイトのカードを見てみると、手に1本の棒を持った騎士が馬に乗り、勇敢に前に進んでいこうとしている様子が描かれています。

前向きで行動的であり、情熱的な様子が感じられます。

新しい事への挑戦や、前向きに動き出すことを示しているようです。

逆位置では、準備不足のまま進もうとしていたり、焦りすぎている、攻撃的になっている様子などを暗示しています。

「ワンドのナイト」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドのクイーン


正位置 キーワード:活発・聡明・キャリアウーマン・姉御肌
逆位置 キーワード:気が強い・下品・ヒステリック・嫉妬

ワンドのクイーンの意味

ワンドのクイーンのカードを見てみると、自信にあふれた一人の女性が一本の棒を真っすぐに持ち玉座に座っています。

活発で明るい印象があり、聡明な女性であることが感じられます。

情熱的に物事に取り組んでいる様子が感じられ、魅力的な女性であることを示しているようです。

逆位置では、悪い側面が強く出るため、気が強く身勝手であったり、品のなさなどを示しています。

「ワンドのクイーン」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

ワンドのキング


正位置 キーワード:情熱的・リーダー・権力者・頼りになる男性
逆位置 キーワード:横暴・独裁者・威圧的・攻撃的

ワンドのキングの意味

ワンドのキングのカードを見てみると、手に1本の棒を持った王が、自信にあふれた様子で玉座に座っています。

行動力があり、頼りがいがある大人の男性を表しており、魅力的なリーダーであることが感じられます。

強いパワーで人を惹きつけ、結果に結び付けていく様子を示しています。

逆位置では、悪い面が表に出るため横暴な独裁者的な意味が強くなります。

「ワンドのキング」のカードについての詳しい解釈はこちらです!

 

~小アルカナ【ワンド】についてのまとめ~

今回は、ワンドのナンバーカード1~10と、ペイジ、ナイト、クイーン、キングの4枚のコートカードについて書かせていただきました。

それぞれのカードが示す詳しい解釈については、占いの内容別に別記事で書いていきたいと思います。

私自身が占いをしながら、あるいは学びながら、新しく得た情報については常に追加していく予定です。

タロット占いの参考にしていただき、タロットカードの世界をより楽しんでいただければ幸いです!