卒婚の準備をしている40代が増えてるって本当?離婚別居との違いや恋愛はあり?

数年前から『卒婚』という言葉をよく耳にするようになった。離婚や別居や仮面夫婦という言葉は以前からあったが、そのような夫婦関係と『卒婚』はどこが違うのだろうか?

40代を過ぎて夫婦それぞれが今後どのように生活していくかを考えた時、あるいは50代を過ぎた夫婦が夫の退職後はどこでどんな風に残りの人生を過ごしていくかを考えた時、そして、それ以外の年代でも同様に、自分自身の人生を見つめて残りの人生を思いっきり生きたい、好きなことをして過ごしてみたいと前向きに考えた時に出てくる、人生の一つの選択肢なのかもしれない。

Sponsored Links

卒婚と離婚の違いは何?

卒婚とは結婚を卒業するという意味らしい。つまり、妻はもう主婦業は卒業して自分の好きな人生を進んでいいよということ。夫は家族のために仕事をすることを終えて自分の趣味や好きなことに残りの人生を自由に生きようということ。簡単に言ってしまえばそんな感じではないだろうか。

離婚は夫婦の関係自体を断ち切って結婚する前の他人に戻ることであり、卒婚は婚姻関係はそのままで夫と妻それぞれが干渉せずに好きな人生を歩むこと。もし、夫婦がお互いに嫌いになったり、憎しみ合ったり、心自体も完全に離れてもう話もしたくない状態ならば離婚を選ぶだろう。夫婦が自由に干渉せずにそれぞれ好きなことをしていきたいが、別に憎しみ合っているわけでも、ひどく嫌いになったわけでもなければ卒婚を選ぶのかもしれない。

夫の退職後や子供たちが成人した後などに、やりたいことを我慢して家の中で夫婦がぎすぎすした関係になり喧嘩ばかりするくらいなら、卒婚という選択肢があるのも悪くないのかもしれない。

卒婚の準備はいつ頃からしているの?

卒婚をいつから考え始めるかは、夫婦によってさまざまだと思うが、早ければ30代でも。40代になれば子供にも手がかからなくなって、自分の人生を考えるうちにそうなることも十分に考えられる。50代になれば退職が少しずつ近づいてきて、今後どうするか考える中でそういう方向に準備が進んでいくかもしれない。

いずれにせよ言えることは、今までの人生を振り返って、そして今後の自分の人生を考える中で、まだやりたいことがある、今までできなかったことをこれからは自由に思いっきりやってみたいと思ったときに卒婚という選択肢を選び始めるのかもしれない。

Sponsored Links

卒婚は恋愛は自由なのか?

離婚となれば、未婚の状態に戻るわけで新しい誰かと出会い愛し合うのは自由である。しかし、卒婚となるとどうなのだろうか?婚姻関係は続いているが、一緒に住みたい間柄でも、夫婦関係を持ちたい間柄でもないわけである。でも結婚している状態には変わりはない。

卒婚した夫婦がお互いに別の相手と恋愛していいかという問題になるとその答えを出すのはちょっと難しい。

卒婚という選択肢を選んだが、それぞれに又はどちらかに愛する人が現れたため、卒婚が離婚に変わるということは有り得ると思う。

人は誰かを頼りたいと思ったり、誰かと共に時間を過ごしたいと思う生き物である。いつもではなくても、時には人が恋しくなることもあると思う。そんな時に、男性なら一緒にいて安らげる女性を、女性なら一緒にいて頼りになる男性を求めるのも当然のこと。だとすると、卒婚という関係はなんとも微妙な関係だと思う。

思い切って離婚したほうが自由でいいんじゃないかと思ってしまうのは私だけであろうか?皆さんは、この『卒婚』という選択肢をどう思いますか?

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です